Dad金重の今週のいち押し

dadk.exblog.jp ブログトップ

お見事

今回は一般絵画クラスの生徒作品を御紹介。

作品はこれ

a0262334_1703741.jpg


デッサンをかなり勉強されてきたので

形態の把握はかなり正確におできになる

したがって着彩をされてもかなり見栄えがしますね〜

絵の具の置き方にご不満をお持ちでしたが

いゃ〜なかなか立派な作品になりました

これだけ表現できるようになると楽しいだろうな

Iさん、これからも精進していい絵を描いていってください
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-06-09 17:10

第二回デッサンコンクール

第二回デッサンコンクールの一位作品はこれ。

モチーフ 植木鉢
金属製スコップ
ディスプレイバーク3個

条件 植木鉢は必ず倒して構成すること。以外は自由。
(以上、3時間)

で結果一位になったのは本科生Sさんのデッサン。

まずこのデッサンのいいところは何よりも植木鉢の形態の把握力にある。

ただでさえ楕円の表現は難しいが

斜め楕円となるとさらに難しく

これを正確に描写できる生徒は少ない。

彼女はこの斜め楕円の表現には絶対的自信をもっているようだ。

この揺るぎない自信が作品に安定感をもたらせている

スコップの表現もまずまず

欲を言えば実物はもう少し大きかったか

ディスプレイバークの質感の表現もよろしい

モチーフの構成もしっかり組み立て隙がない

ただ一つ難点を挙げるとすれば

中間色の表現に物足りなさが残ったa0262334_177294.jpg

少し暗く、重くなりすぎたかな

でもね〜

なかなかこうは描けぬものなんですよ、皆さん。

今回一位になれなかった皆さん

次回期待してますよ〜
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-06-06 17:09

やっぱり自画像はオモシロイな〜

これはまたインパクトのある自画像だな〜

作者はまだ初心者マークの取れない生徒であるが

「絵、って結局はテクニックの有る無しではないよ〜」
a0262334_171252.jpg
この自画像は我々にまずそのように語りかけている

プリミティブな魅力

せっかく絵を習いにきている人に言いにくいことなのだが

「上手くなって欲しくない」

分類するとそのような絵、または作者

耳を通って目から出てくる糸は

作者の手に絡まっているのか、あるいは巻き取られているのか

こんな発想もユニーク

私が作者に願うことはただひとつ

創造神、という神がいるなら

どうか作者に乗り移って

どんどん制作を続けて欲しい

ただそれだけ


佳品、である
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-05-21 17:13

KAI KIDs コラージュ

今日はKAI KiDsの生徒作品、コラージュでどうだ

課題は「風に吹かれて」

ボブ・ディランなんて今時のおかあさんは知らないだろうな

いつもと違って今日は変形の紙を用意してみた

コラージュは具象的なものは使わない

文字かもしくは模様のみの使用に限定してみた

これがハマったか、なかなかおもしろい作品が出来上がり

何となく風に吹かれて飛んできた

そんな気配がしますよね

透明感もあって美しい

こんなコラージュ、あなたも作ってみたいと思いませんか

a0262334_18575315.jpg

a0262334_18591026.jpg
a0262334_1903029.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-05-14 19:01

フレッシュ

作者はこの春入学したばかりの高一生

自画像の表情もどこか初々しい

新しい環境にもやっと慣れたかな、というものの

まだ少し緊張感も残っている

a0262334_16394755.jpg


いつもと同じく、これまた背景に描かれたオブジェに注目するのだが

キット入学祝いに買ってもらったのではないかと推察する

ギターにスマホ、それにテニスラケット

ちょっと趣味的なものが優先しすぎたかな〜

と反省したかどうか

鉛筆と思しき六角形と円の組み合わせ模様

どうです、夢と希望に満ち溢れた自画像ではないですか

勉強も趣味も、チョイと遊びも入れて

うんと高校生活をエンジョイしてくれ〜Mさん
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-05-11 16:40

絶妙な構図

面白い構図が先ず目を引く

「そんなに面白いか?」と問われれば

これはなかなかに鋭い構図になっているのですよ

それに斜めに走る動きもいいですね〜

背景のオブジェは一体なんだろう

象形文字のような牌が人物の表情とあいまって

見る側の気持ちをそそる

a0262334_1454364.jpg



作者は今年二年目の研究生

漫画家志望なのだそうな

一年後、どのように飛躍しているのか

楽しみに作品を追いかけて行こう、と思っている
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-05-10 14:55

えっ、エッ、絵ッ

連休明けそうそうは再び自画像

「絵の中の絵」a0262334_1427538.jpg

は以前紹介したことがあるが

この自画像もまた絵の中にもう一枚画面が設定してあり

その画面に自画像が描かれている

作者は高三生であるが

なかなか見事な表現力であることは

この絵をご覧の皆様もお分かりになるであろう

しかも画面の背景にはイラスト的といっていいかどうか

線のみで描かれた自身を配し

これもまたなかなかに効果的な表現になっているのだ

自画像というものは

上手い下手、を通り越して

それなりに面白く鑑賞することのできる

身近なモチーフなのである
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-05-08 14:29

目は口ほどに物を言い

a0262334_20294610.jpg


しっかりと表現された佳品である
作者は淡路在住の高校三年生
まだ初心者マークの取れない新鋭である
立地条件によりどうしても勉強量が確保できぬハンディキャップがあるが
この自画像には目を見張った
というのも入塾時、彼は一度自画像を描いた事があるのだが
その時の自画像とは雲泥の差
自身に満ち溢れた表現が見るものの心を射抜く
白眼と黒眼のコントラストが
作者の今年にかける意気込みを語っているようだ
この絵の人物は十分に人格を持っているのだ
惜しむらくは胸の量感が不足し
平板になってしまったのは残念

オーソドックスではあるが
18歳、この年齢にしか描けぬ交換の持てる自画像だった
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-05-02 20:30

耳を澄ませば

左右対称(シンメトリー)のなにが悪い
と言わんばかりの自画像で
ここまでスッキリシンメトリーに纏められると
もうこの絵を観る我々も納得する以外ないではないか
オマケに左右の耳に両手をあてがったポーズ
もうシンメトリーのダメ出しダ〜

が、この自画像に耳を傾けるようにしてご覧になって下さい
ホラ、不思議な音が聞こえてきませんか?
あなたにはどんな音が聴こえますか?
音の出る絵か〜
絵って面白いな〜と思いませんか

作者は高校二年生
経験量はまだ浅い
これから本格的に勉強に取り組んでくれるだろう

a0262334_1949556.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-05-02 19:49

自画像を描く自画像

a0262334_141653.jpg


これはまた凝った自画像である
画面下をよくご覧あれ
イーゼルが描いてあるのがわかりますか
そしてこの自画像を制作している作者と絵の中の作者が
まるで共同作業をしているように
絵はズンズン完成に向かっていくのである
絵の中の絵
面白い発想ですよね
作者の発想力はいつも我々の想像を越え
とてもユニーク
作者はまだ高校二年生
表現力が付くにつれもっともっとユニークな絵が期待出来そうだ
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-05-02 13:52

2014年度第一回コンクール

本年度第一回目のデッサンコンクール1位作品

モチーフ リンゴ
白い紙製ケーキ箱
直径17センチ高さ17センチの石膏製円柱を想定し、表面に自身のイニシャルを描く。

以上三点

作者は高校三年生男子

寸評
この時期のデッサンとしてはまずまずの出来映えといってよいだろう。
モチーフは基本的幾何形体、これをいかに正確に表現できているか、を採点の中心にした。
円柱は立てても横にしてもよい、という条件だったが作者はあえて難易度の高い横に倒して表現した。
楕円の表現もまずまず、携帯の把握には不満はない。
ただしモチーフの構成はよくない。
もっと奥行きを利用し、モチーフ間に余裕と緊張感が欲しかった。
これから更に伸びていくだろう力強さも内蔵されていて期待できそうだ。

先ずは初っ端の第一位
おめでとう、と言っておこう。
a0262334_20423945.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-05-01 20:43

五月晴れ

はやいな〜
今日から五月か
今日はとてもいい天気
こんな日は公園にでも出掛けて
日陰げで昼寝、なんてしてたいものだ

さてさて、そんな夢みたいなことを言ってないで
真面目に仕事すっか

で、今回の自画像はこれ
前回とは種類が異なるものの
これまた不気味
何がって?
背後に忍び寄る妖怪を見てくださいよ
これを不気味と言わずして何を不気味と言わんかや
これには作者自身もすっかり驚いた様子だが
さりとてあまり怖がる様子でもなく
結構この状況を楽しんでいるようでもある

ついつい妖怪に気を取られはするが
しかしながらa0262334_15495637.jpg表現の密度はかなり濃く
つい惹きつけられそうな魅力を持っている
こんな自画像もあっていいんでしょう

作者は高校三年生
彫刻家を目指して頑張っているのだが
まだまだ平面の世界からは抜け出られないようだ

これから意識改革もしていかないとね
Fさん
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-05-01 15:49

ピノキオ

皆さんはこの自画像を見てどんな感想をお持ちだろうか
私は即座にピノキオ連想してしまったのだが
何だか不思議な自画像があったもんだ
画面の左右
頭の左右から木が、木の枝が伸びてきてa0262334_1659188.jpg
一方は葉が茂り
片方は枝のみが描かれている
あるいは向って右の画面背景は明るく
左半分はやや暗くなっている
私はここにこの自画像を読み解く鍵があると思い
作者にその旨訊ねてみたのだが
どうやらそれは私の深読みであるらしく
作者には私が期待していたような作為はないようなのだ
ではこの自画像が面白くないのかといえばそうでもなく
私の深読みを誘ってくれただけの面白さは十分にあると思うよ
今年参入の苦労人I君の作品
さて、今後どのような作品を見せてくれるのか
十分に期待できそうです
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-04-28 16:59

鯉のヒラキ

KAI KIDs今日の課題は鯉のぼりの制作

今日は本体に色を塗って

その上から目玉やウロコをコラージュで表現しました

ハート形のウロコなんてナイスですね〜

表と裏が違う色の鯉のぼりも面白いですね〜

来週には完成する予定です

キット元気で活き活きした鯉のぼりが出来上がるぞ〜

皆さんも
a0262334_17474046.jpg
楽しみに待っていて下さい
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-04-23 17:50

二人三脚

a0262334_12553014.jpgこれはまた珍しい自画像である

自画像はふつう

作者一人の像がほとんどと言ってよかろうが

今回登場する自画像は作者と彼女の愛娘が描かれている

彼女は子連れの受験生でもある

一念発起

彼女はこの一年愛娘と共に未知の世界を歩んで行こう、というのである

ひたむきな表現の中

ふと現れるのは愛しいわが子の像

母は強し

気迫に溢れた作品から

彼女の今年にかける思いがひしと伝わってくる

さて、この一年後の彼女の自画像ははたしてどのようなものか

私はふとはるか彼方に想いを巡らすのであった
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-04-22 12:53

日常

自画像を見る時

皆さんは顔ばかりに注目されると思うが

その背景にも注目して頂きたいものだ

背景には作者の隠された一面がつい覗いたりして

それらを読みとって行くのも面白い

で今回の自画像はどうか

まず決して上手いとは言えない、その表現が

実はおもしろく、興味をそそる

十人十色、いろんな表現があるもんだ

が何よりも注目すべきは

作者の周りを取り巻く日常の光景だろう

机に上には漫画本が多数並んでいる

作者はきっと漫画がすきなんだろう

その奥には棚があって靴や帽子が置いてある

作者のお気に入りグッズなんでしょ

自分の部屋をそっくりそのまま再現したものではないかもしれぬが

恐らくはそれらのものに取り囲まれて生活をしている

日常風景の中の自画像

それがこの自画像に親近感を添えているんでしょう

面白い自画像です


a0262334_16325829.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-04-19 16:33

またまた難解

前回に引き続きまたまた厄介な自画像である

なにが?

この場合、右手に持った風船と片目を取り囲んだ左手の表情

作者の自画像を読み解くには恐らくこの二つがキーワードになるんだろう

なぜ風船なのか?

なぜこの手の表情なのか?

彼女はいったい何を見つめているのか?

子供の頃の遠い記憶か?

あるいは近い将来を予測した世界なのか?

それは見る側一人一人の問題である

といっているようだ

大きく開いた口もまた意味ありげで

さて、彼女は一体何を見たのか

答えはついに謎のまま終わってしまった
a0262334_20131271.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-04-18 20:17

ウーン、難しい!!

絵を評価する、というのはなかなかに難しいものである

それが受験生のものであれば尚更厄介だ

例えばこの作品

この自画像を見て皆さんはどういう感想をお持ちであろうか

Kai Kidsのこども達はこの絵を見て

「怖い」「気持ち悪い」というのであるが

それはそうでしょ

手の甲に突如目玉が現れたのだから

大人だってグロテスクに思うよ

普段イメージを、発想力を豊かに、ね

などと要求するものだから

ついこういう世界になったんだろうかa0262334_14204642.jpg

S君

これが今の君を端的に物語るもの

であるとは思わないが

デモな〜

心理学的に考察するぶんには面白いかもしれないが

深くこの絵を味わうには大味なんだね

漫画とファインアートとはそこが違うんだよね

しかしながら良くも悪くも度肝を抜かれる

そんな作品ではありました
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-04-18 14:21

唄う自画像

これまでにいろんな生徒の自画像を見てきたが

ギターを携え何やら唄う自画像は初めて

叫ぶ、喚く自画像は度々お目にかかったけれど

一口に自画像といっても

各自それぞれの心象風景を描くのであって

単に顔形ばかりを描くものではない

と彼女はいっている

しあわせを、不幸せを

悩みを、喜びを

あるいは夢を歌っているのか

見る側には定かではないが

私にはとても幸せそうに見える

しっかりと描き込んで印象に残る絵ではあるが

もう少し人物特有の柔らかさが表現できるようにしたい

でもでもこの一年のスタートとしては

「唄う女」

a0262334_1344854.jpg
いいんじゃあないでしょうか
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-04-17 13:45

KAI KIDs

KAI KIDs造形道場は今日から新学期

久々に会うKIDs達

皆んな一学年上になって

ずいぶんとしっかりしてきました

今年もまた面白い作品に出会えることを期待しています
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-04-16 16:42

サイレンス

この自画像は無音である

静か、である

作者は鏡の中に閉じこもったまま

もう何時間も出てこない

しかしながら不安感もなく穏やかな表情

タイプは全く異なるが

私はこの自画像を見て

四谷シモンの人形を連想した

あるいはつげ義春描くところの少女の顔を

もう少し鏡を取り巻く環境の表現に

多様性を求めたいところだが

饒舌な自画像群の中にあって

作者は静かに自己主張をしているのかも知れない
a0262334_16261428.jpg

私にはよく聞こえないだけの話かも
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-04-15 16:27

四月だな〜(自画像第一弾)

この時期我が塾恒例の自画像
まだ制作途中の作品もあり
それらは後日のお楽しみ
今年は全員の作品をアップしたいと思っている

それはさておき
今年は全員気持ちが入ってますね〜
いい自画像が多い
ホウッ~面白いナー
去年より確実に力を付けている生徒

この一年の滑り出しとしては上々の出来映え
私はこれらの作品を前に
思わずニンマリしているのである

先ずはNさんの作品

Nさんを知っている人なら
ウンウン、感じ出てる!!と納得するにちがいない
彼女は電車かバスのシートに腰かけているんだろう
窓の外には桜が満開
私が気になるのはこのシーンが登校途上か下校途上か
ということ
それによってこの自画像の表情の読み取りは
まったく違ってくるのである

皆さんもそう思ってこの作品を読み解いて見てください
ネッ、面白いでしょ
a0262334_1401396.jpg
ともあれ
Nさん、今年は一皮違う自身像を作り上げてください
期待してますよ〜
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-04-13 14:01

そして人生は続く

いつもは四月に全員が履修する自画像だが

訳あってこの時期に描いた生徒の作品

課題の狙いは自画像を点描で描く、ことにある

点描というと瞬時にスーラの絵を思い出す人がおおいとおもうが

実際観るとやってみるとでは大違い

初めて試みる点描にはさぞや新鮮な驚きがあったに違いない

作者はすでに社会人

一念発起してこの一年を受験勉強かけることとなった

色彩表現のトレーニングの一環だが

いつもいつも自分だけの表現の連続では限界がある

たまにはこういった独特の表現方法

あるいは模写なんかに取り組んで

表現の幅と鮮度を身につけたい

ドットの大小

色の強弱にもう少し工夫が欲しいが

しかしながらこの自画像を見ていると

画面のうちから作者のこの一年にかける意気込みが

ヒシと伝わってくるようだ

Fさん

この一年思い残すことなく勉強しましょ

応援しますよ〜a0262334_17193586.jpg
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-03-29 17:20

若さ

久々の石膏デッサン、パジャント像

作者は高校二年生である。

ご覧の通りまだ荒削りなデッサンではあるが

決して雑なデッサンではなく

まだ技術的に繊細な表現力がついていないだけ

しか逆にそれがこのデッサンの魅力になっているともいえる

まだ二年生、今はこれくらいがちょうどいい

石膏デッサンにしろ、静物デッサンや人物デッサン

作者がこれから力をつけていかねばならぬ課題は多いが

ともあれこのデッサンには若さが満ち溢れ

好感の持てるデッサンなのである

これからますます頑張ってください

a0262334_14195160.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-03-21 14:11

労作

作者はアニメの背景画を描くプロになりたい、という夢を叶えるべく
去年の春からデッサンや着彩を学んできた
しかも職を投げ打って不退転の覚悟で学びにきた生徒さんである
デッサンにしろ着彩にしろ
そうそう簡単に技が身に付くものではなく
苦労も多かった
この作品は我が塾で学ぶ最後の作品となり
一年間でやっとここまで辿り着くことができた
もっとデッサン力がつけばこれ以上の着彩も描けると思うが
一応この一年の汗と涙の結晶が凝縮された労作ではある

作者はこの春から東京で実践的勉強につくのだが
ここで勉強したたくさんのことをを思い出しつつ
次のステップへと向かって欲しい

Yさん
為せば成る、ものです
これからも一層気合をいれて勉強し
必ず目的を達成してください
これからも応援しますよ〜
a0262334_1332985.jpg

[PR]
# by Dad_kaneshige | 2014-03-20 13:03

おぼろげな記憶

あれはいつのことだったろうか
何処を歩いていた時のことだろうか
季節はいつ?
時間は何時ごろ?
道すがらふとこんな景色に遭遇した
a0262334_19423287.jpg

マンホールの隙間から名も知らぬ植物が顔を出している
雑草は逞しい
隙あらば何処からでも芽を出す顔を出す

この絵のテーマは「鉄と植物」
問われて出した答えがこれ
上手い答えの出し方だ
思わず唸ってしまった
こんな光景、皆さんも記憶にあるのではなかろうか

色も綺麗
まるで印象派の絵ではないか

作者はまだ高校一年生
独特の感性を持っている
望むべくはもう少し確かなデッサン力が欲しいのだが
それはこれから鍛えていけばいい
絵画表現の魅力を充分に楽しめる作品となった

Kさん、これからも面白い絵を描いて下さい
楽しみにしてるよ
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-03-10 19:42

気分は新年度

三月八日
今年度最後のデッサンコンクールを実施した。
今年度の入試には直接刺激になるものではないのだが
一応最後のコンクールということで
基礎科生から本科生までが今年度の勉強の成果を試した
結果一番に選ばれたのは基礎科生Fさんの作品
先輩所氏を差し置いての晴れのトップに輝いた
目を引いたのが福袋の演出
これが効果的だった
色の鮮やかさ、質感の描写など
今後なお習得せねばならない問題点は多々あるものの
コツコツとひたむきに勉強を続ける作者のこと
これらの諸問題は伸び代であると信じている
作者の志望校は東京芸術大学彫刻科
前途は険しい道が待ち構えているが
自分を信じてこれからも頑張ってください
a0262334_14252283.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-03-10 14:25

思えば遠くへきたもんだ

デッサンをあるレベルまで上達させるにはそれなりのキャリアが必要だ。
モヤシのように促成栽培するわけにはいかない。
ましてや大学受験のようにどんなモチーフが出題されるのか分からない状況であればなおのこと
色々なモチーフを描きこなさなければいけなくなる。
このデッサンの作者は既卒者であるが勉強を始めるタイミングがやや遅く、夏前からだっと記憶している。
長い間四苦八苦していたのだが、ここに来てやっと何かをつかんだようだ。
まるで雲間から現れた薄日のようなデッサン。
まだまだこれからの発展途上だが、ここまでくればしめたもの。
この先はもっといいデッサンが描けるようになる、と確信している。
このモチーフを三時間で描くのはなかなかに至難の技
「よくやった」
とひとまず褒めておこう。a0262334_15453174.jpg
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-03-08 15:46

復活第一弾

復活第一弾はTさんの着彩
作者は高校三年生
キャリアは一年と少し
最初のうちはこの子
a0262334_1505637.jpg
続くかな〜と少し心配した彼女だったが
粘り強く勉強を続けてきた結果
こんな絵が描けるほどに成長した
まだまだ成長過渡期ではある
デッサンにしろ着彩にしろ
これから身につけていかねばならないことは山ほどあるが
やれば出来る、という自信につながってくれればと
この作品を復活第一弾に選んだ次第である
前途はなお険しい道が続くであろうが
今にも増して黙々と精進して欲しい
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-03-06 15:03

復活

ITオンチで尚且つ不肖な私が

長い間不具合を修正もせず

ほったらかしにしていたdad kaneshigeの「今週の一押し」コーナーが

わが塾の若手講師T君のおかげでやっと復旧の目途が立ちました

これからはマメに秀作をアップしていきますので

宜しくお願い致します

このコーナーを楽しみにしていて下さった皆様に

深く深くお詫びいたします

そしてこれからも宜しくお付き合い下さい
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-03-06 14:16
line

石膏デッサン・静物デッサン・卓上デッサン・油彩・着彩・色彩・立体・彫刻・陶芸・ファッション・映像・建築・マンガなどなど、これっていいなぁ と思う作品、Dad金重が紹介します。


by dad_kaneshige
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite