Dad金重の今週のいち押し

dadk.exblog.jp ブログトップ

気分はいっきにXmas

昨日のKAI KIDsは二週に渡ってXmasのリースの制作だった

こういった工作的課題はどうしても多少のお手伝いを余儀無くされ

従って一人一人の制作の進捗具合をじっくりと観察するわけにもいかず

ひたすら手助けに追いまくられるのだ

でみんなの作品がどのような具合になっているのか

多少心配ではあったのだが

なんとなんとそんな心配は杞憂に終わってしまった

どうですか、ステキなリースでしょ

世界に一つしかないリースに皆んな大満足

これを飾っておくと、きっとサンタさんも皆んなのおうちにやって来るよね

というわけで一挙8作品をとくとお楽しみあれ〜
a0262334_14581918.jpg

a0262334_14595628.jpg

a0262334_15283397.jpg
a0262334_15271277.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-12-18 15:28

寒いtu!!

とにかく寒い、のだ。

ここ神戸くんだりで暑いや寒い、などと贅沢言っちゃいけないけれど

でも寒いよ

というわけで寒い冬にはこれ

どうです、ますます寒くなってきたでしょう

テーマは「Winter」

条件は画面内にWinterというアルファベットを用いること

色数は自由、というもの。

寒風吹き荒ぶ、といったイメージでもなく

猛吹雪といった様子でもない

粉雪がチラチラと舞う、といったところでしょうか

でも全体冬してますよね

どちらもいい色彩構成です

あ〜あ、寒くなってきた〜
a0262334_13532125.jpg

a0262334_13573291.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-12-18 13:53

すまぬすまぬ

暮れもだんだんと押し詰まってきた

途中書きかけの原稿がなんかの拍子に中断しては消え、また書いては消え

これを繰り返すこと三度

って訳で今回はコメントなしでゴメンな

写真だけ載せておきます

いずれ劣らぬ力作とだけ添えておきます

a0262334_19165637.jpg

a0262334_19181827.jpg

a0262334_19182188.jpg

a0262334_19192241.jpg

a0262334_19201734.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-12-17 19:20

8歳の絵本作家デビュー作

先々週と先週のKAI KIDsの課題は「絵本を作ろう」だったが

面白い絵本がたくさん出来上がりました

今日紹介する作品は

この絵本作りからKIDsクラスに入会してきた小学二年生の女の子の絵本

「にゃーご」という子猫が旅に出る

ロードムービーならぬロード絵本

まずこの題名がいいじゃあないですか

「いっぽんのみち」

普通月並みには「猫のお散歩」とかなんとか付けますよね

ところが彼女が付けた題名はなんと「いっぽんのみち」

これには唸りましたね

そしてにゃーごの旅は続くのですが

皆さん、ここからは写真をみてお楽しみください

今から次回作が楽しみになってきたぞ〜

Nちゃん、この絵本ずっと大切にもっといてね

a0262334_2002161.jpg


a0262334_2012652.jpg


a0262334_204684.jpg


a0262334_205056.jpg


a0262334_2054311.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-12-12 20:07

もうたまらんね〜

もと絵はこれ
a0262334_1841225.jpg

これが園児の手にかかると
こういう具合に料理されてしまう
いちいち私がどうのこうのと解説しても仕方がない、意味がない
面白いものは面白いのだ
で一挙にドドッドウと大公開
十分にご堪能あれ
a0262334_189485.jpg

a0262334_1894838.jpg

a0262334_18103370.jpg

a0262334_18151358.jpg

a0262334_18162596.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-11-13 18:16

芸術の秋、ですね〜

このところKAI KIDsの子供達の作品が素晴らしい。
今日取り上げるのはカンディンスキーの模写
作者は小学二年の男の子
彼の観察描写はすでに定評のあるところが
この模写も素晴らしい
クレパスだけで描いたものだが
この絵を模写するとなると混色をせねば上手く表現出来ぬ
と彼は心得た
どうです
原画を飛び越えて一枚の絵画作品になってしまう程の出来栄えでしょ
周りには落ち葉のコラージュを配し
背景はまさに晩秋の紅葉
こんな額縁にならカンディンスキー先生も文句はいうまい
なんとも恐れ入った
Y君、根気づよく丁寧に表現できました

もう一度「素晴らしい」と言っておこう
a0262334_2033223.jpg

a0262334_20333553.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-11-05 20:35

美しい

「美しい」と私などが言うこと自体おこがましいほどに

この作品は美しいのだった

真ん中の人物像のイラストを模写した作品

作者は年中組の園児、女の子

まだ塗りつぶすという作業は難しく

年齢を考えるとこれは致し方ない

しかしながら

これが絶妙の効果を発揮するのである

極太の毛糸で編み込まれたセーターの模様のようで

なんだかとてもあったかそう

背景の絵の具の塗りもこれまたナイス❗️

子供ってなんでこんな自由に表現出来るのか

オジさんはいつも唸り、悶え、嫉妬に狂うのである

子供の絵というものは

まさに生まれ出るもの

二度と同じ絵は描かないものである

オジサンもこんな絵をかいてみたいよ、Aちゃん
a0262334_14334689.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-10-31 14:33

チカラ

「継続は力なり」とはよくいったものだ

今回はプロダクト立体作品

任意の大きさの円柱をベースにして多目的容器をつくれ、という課題

さて講評

なんてことない発想ではある

よく目にするような形態でもある

でもこれが案外思いつかないもんなんだな

素材はケント紙のみ

八角にシンプルな凹凸の形体を付け加えただけのものだが

これがなかなか素晴らしいデザインになった

蓋は本体と違って曲線を活かしたデザイン

これもよかった

蓋も本体と同じに直線的デザインになっていたら

統一感はあるものの堅苦しくなってしまう

これでいいんじゃないの、Nさん

さて、オイラはこの容器に色とりどりのキャンディでも入れておくか

作者は高校三年生女子

のんびり屋のNさんではあるが

ここに来てデッサンも良くなってきている

イヤ〜ここまで頑張ってきて良かったね

来春には大学進学が決まっているNさんだけど

これからも精進してもうひと伸びして欲しいものだ

ついでにいうなら彼女はいい先輩に恵まれたことも付け加えておきたい

Nさん、先輩諸君にも感謝を

a0262334_1413567.jpg


a0262334_14142747.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-10-29 14:15

初めてのコラージュ

a0262334_14175589.jpg


課題は「大変だ〜台風が来た」
作者は幼稚園年長組の男の子
今回から入門してきて、いきなりのコラージュ
最初は戸惑っていたものの次第に調子が出てきたよう
何を貼り付けようか楽しくて仕方がない、といった風
最後に背景を塗りだすと
どうです、すっかり台風がやってきたではないか
これにはスパイダーマンもびっくり

a0262334_14295922.jpg

こちらの作品は上記作者の妹さん
彼女はまだ年少組の女の子
さすがに女の子らしいチョイス
こちらはまだ台風がやって来ていないようだ
彼女の天気予報では台風がやってくるのは二三日後らしい
そうだよね
初めてのコラージュ
思い切り楽しんでくれたようで
それだけでOK

お兄ちゃんはこの作品をすぐに持って帰りたい、と言う
聞けばパパに見せたいんだそうな
それだけ満足のいく作品だったんだな

さて、この絵をみたパパはどんなコメントをしたんだろう

一枚の絵を通して親と子がコミュニケーションする、なんて
とっても素敵だと思いませんか
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-10-02 14:45

苦節三年

今週の一押し作品は第五回デッサンコンクールの1位作品である
作者にとってはやっとたどり着いた頂上である
ここ迄の道のりはそう容易いものではなく
一歩一歩の積み重ねを経てのものであり
勉強に対する取り組みは後輩へのよき範になるであろう
だがデッサンそのもはまだまだ荒削り
完成への道はまだ先にある

まず紙コップの形態の把握が弱い
特に楕円
まだこんな楕円描いてんのでっか、と
実は採点しながら苦虫を噛み潰していたのだよ、Tさん
それにモチーフ全体の完成度をもう一歩高めたかった

この作が接戦の末1位を勝ち得たのは
構成力の差にあった
ポップコーンの袋を開封する、という条件がある以上
中味をどう演出するのかは当然採点者の関心ごと
これを上手く演出し全体の構成へとまとめ上げたのは
力の着いて来た証拠
構成力もデッサン力の一つだ
a0262334_19351427.jpg

これからも弛まず努力し
受験時には誰もがいいな、と認めざるを得ないようなデッサンにして欲しい

ともあれ始めての一等賞
よかったね、おめでとうといっておきます、Tさん。
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-09-24 19:35

新学期第一弾

九月になってもまだ梅雨か〜
というくらいよく雨が降る
なんだかスッキリしない天気と裏腹に
生徒諸君の制作に対する取り組みは
このところだいぶ熱を帯びて来た
熱くなればいい作品が作れるか
といえばそうそう簡単に事は運ばないのだが
a0262334_20152687.jpg

しかし熱のない作品など論外だろう
で本日の一押し作品はこれダッー
彫刻、塑像作品である
ゴルフボールと自分の手を演出して制作することが条件
ポーズ、構成、演出が随分彫刻になって来た
要するにドラマチックになって来た、ということ
作者は彫刻専攻の現役生
デッサン、塑像共にまだまだキャリアが足りていないのだが
どちらも着実に進歩している
あとはマチエールの工夫
つまりは粘土の付け方が問題だろう
が、努力型の彼女のこと
この課題も将来的にはきっとクリアー出来るであろう
彫刻に少し生命力が生まれて来たのが何より
よしよし、としよう
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-09-06 20:16

夏祭り第八弾

a0262334_12412832.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-08-06 12:41

夏祭り第七弾

a0262334_1240770.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-08-06 12:39

夏祭り第六弾

a0262334_12382261.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-08-06 12:38

夏祭り第五弾

a0262334_1237240.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-08-06 12:37

夏祭り第四弾

a0262334_12353091.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-08-06 12:35

夏祭り第三弾

a0262334_12342484.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-08-06 12:34

夏祭り第二弾

a0262334_1232384.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-08-06 12:32

夏祭り

夏だ

夏はあちこちで祭りや各種イベントが目白押しだ

で今週の一押しコーナーも

夏祭り、豪華一挙8作品を掲載

いや、夏期講習に入ってなかなか見応えにある作品が続出

これに一々コメントをつけてられない私の事情もあって

ここはコメントなしでご容赦願いたい

いや〜本当に力作ですよ

これからもこのような作品が続出することを

オジさんは期待しておるゾー

a0262334_12123756.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-08-06 12:14

カメラ写り

人間(特に女性)の場合、カメラ写りのいい人(失礼)がいるもので

美術作品だってそう、写真に取ると大層見映えがする作品というものがある

実物を観ると写真ほど良くはなかったりして、ガッカリなんてことも

この作品も微妙

まだ完成には遠い途中の段階で

この辺りが制作段階でも一番見栄えのするところ

さて、この先が正念場

というところで終わってしまった

しかしながらここまでの流れ、は格段によくなった

後はこの流れを失速させずに完成までこぎつけること

簡単じゃあないけどさ、Nさん

a0262334_1310531.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-08-02 13:11

自由と不自由

a0262334_1741313.jpg


子供の作るもの、描くものはどうしてあんなに自由なんだろう

あなたの目に前に一塊の粘土が置いてあるとする

あなたは何でも好きなものを自由に作ってください

と言われているのだが

さて、何を作ろうかあなたはあれこれ考えあぐねるに違いない

カップを作ろうか、お皿を作ろうか、あるいはオブジェを作ろうか

だが果たしてうまく作れるだろうか、不安が横切る

そこへいくともう自由には作れない

この作品を作った子供(小学一年生)の場合はどうか

見守る我々の杞憂を尻目に

本当にアッという間にどんどん作り上げて行く

壊れようが剥がれようが、そんなことはお構いなし

結果このような見事な作品が出来上がる

私は羨ましくて仕方が無い

そうか、粘土って、焼き物ってそんなにも自由に作れるものだったのか

この作品を前にDDオジさんは深く溜め息をつくのであった
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-07-30 17:05

JAZZ...?

現役生にとって面白くて良質な立体構成を作るのは

なかなかに難題だ

テーマは勿論、素材もいろんなものがあたえられ

全体的に経験量がものをいう世界だ

でこの作品はどうか

テーマは音楽

作者が選択したのはJAZZ

与えられた素材はケント紙、色のついたプラスチックボード

食材の扱いは悪くない

ただ、もう少し母体に強度を持たすべく

骨太にしても良かったか

ケント紙の料理方法は悪くない

ただし鑑賞する人に対する説得力は今ひとつ物足らない

リズムならリズム

メロディーならメロディー

どちらかを強調した方が良かった

まだ作品に出来不出来のバラツキがあるものの

現役生としてはまずまずの出来映えです、S君

a0262334_1352490.jpg

a0262334_13515169.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-07-28 13:52

第三回デッサンコンクール

a0262334_1474139.jpg


初めてトップに踊り出た彼女の作品は
新鮮が売りだったか
安定した構図がデッサンにリズムを与え
どんどん描きこんでいけたか
ペットボトルをあえて斜めに倒し
難しい角度からの円柱も
一応そつなくこなした
この角度からの円柱がなかなか描けなくて
何度も何度も練習した甲斐があったよね、Fさん
麦藁帽子の質感
細部の表現もよろしい
全体的にまだ重い感じがあるのだが
今の時期はこれぐらいがちょうどよろしい
年齢、キャリアは明かせない
フフフッのFさんだが
今後ますます期待できるFさんのデッサンだった
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-07-24 14:09

日本情緒

先週から飛び入りでKAI KIDsに参加されているRちゃん

彼女はNY在住の日系アメリカ人

母の実家にお里帰り中の

8歳の女の子

団扇の模様を描いてみたのだが

これがなんとも日本の夏してませんか

お母さんが日本人なのだから

そう不思議ではないかもしれないが

今時の日本の子供以上に

日本情緒を取り入れた図柄に感心

と同時に絵柄の構図が絶妙

大人顔負け

心憎いですね

こんな団扇で涼をとったら

さぞや涼しいことだろう

Rちゃん

NYに帰ってもこの団扇大切に使ってね

a0262334_18114066.jpg


a0262334_18123170.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-07-09 18:15

モシャモシャ 模写

今回取り上げるのは模写

ミッキーマウス、アンディウォホールとくれば

この作品を描いたイラストレーターはアメリカ人?

ともあれこのイラストをまだ経験量のない作者が模写をしてみたのだ

最初は途方にくれていた作者だったが

段々と本家に肉迫し

テクニックこそ未熟なまでも

原画を凌ぐほどの迫力ある模写に仕上げたのだ

模写する意義はいろんな要素を含んでいるが

うちの塾ではまだ経験量の少ない生徒の課題として

この時期にやってもらうことが多い

模写をやることによって

何を得たかは作者のみぞ知ることではあるが

さぞ色んなことを学んだに違いない

模写をすることから表現の面白さを得る人も多い

あなたもやってみてはいかが

a0262334_19515319.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-06-27 19:53

僕は今ニースにいる

なんてのは嘘ですが

しかしこのところこのコーナーで取り上げたい作品が目白押しだ

取り上げても取り上げても

追っつかない

うれしい悲鳴を上げている

で、今回の作品ですが

まるでフランス人が描いたような色彩感覚

こんな団扇を持って海へ山へと出かけたい

デザイン感覚もさることながら

この美しい色の組み合わせを得とご賞味あれ

ちなみに作者は小学一年生の男の子

いやはや、恐れ入りました

a0262334_15564254.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-06-26 15:57

思えば遠くへきたもんだ

a0262334_1151215.jpg


雨の日もあった

嵐の日もあった

夏の日照りに負けそうな日もあった

そうそう順調には成長しなかった君だが

ここに来てやっと芽を出した

いいではありませんか、このデッサン

まだまだ基本形体の把握が苦手な作者だが

色、質感の表現などは飛躍的に成長した

これに油断することなくますます精進して欲しい
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-06-26 11:51

地球は青かった

旧ソビエト連邦の有人人工衛星

確かソユーズという名だったと思うが

ともかく、人類初の宇宙飛行士になったガガーリン少佐は

眼下の地球を見て「地球は青かった」とレポートしたのだった

でこの作品群を見ていて実は私も宇宙空間へと飛び立ってみたのだ

三者三様の地球ではあるがなんとも美しいではありませんか

課題は「円から球へ」ではあったが

みごとメルヘンの世界へと飛び出した子供たちに

いつまでも青い地球であり続けるよう

おじさんは祈るのだった
a0262334_1557368.jpg


a0262334_15583142.jpg
a0262334_15573245.jpg

[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-06-24 15:59

凝視

a0262334_16492694.jpg


一般絵画クラス受講生作品

作者Hさんの受講歴もだいぶ長くなった

今は週二回勉強にお見えになり

一日は石膏デッサンを

もう一日は卓上デッサンにあて、これを並行して勉強されている

Hさんの表現スタイルは一種独特だ

デッサンの本道からいえば少し外れてはいるのだが

Hさんのデッサンに限り私はとやかく口を出さないようにしている

なぜというに結果とても趣のある作品をおかきになるからだ

その特徴はとにかく細部の観察と飽くことのない表現

その意思の強さには並々ならぬものを感じる

決して妥協はなさらないのだ

思わず唸らざるを得ない

どうです、このアルミ製打ち出し鍋のディテールの描写は

リアリズム、というのではないが

妙にリアル、というより変に説得力があるのだ

ここまで描くか

この絵を眺めながら

私は打ちのめられそうになるのだった
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-06-18 17:12

円から球に

幼稚園児に立体感を教えるのは骨が折れる。

今日の課題は「円から球に」

主にデザイン的、色彩構成的な課題なのだが

園児に円と球の概念を理解させるのはちょいと無料

そこで地球と星、ならどうか

ということでこんな絵になりました

a0262334_16244292.jpg
a0262334_16252731.jpg

a0262334_1626295.jpg


どうです
なかなか美しいでしょう
年中、年長組生徒作品でした
[PR]
# by dad_kaneshige | 2014-06-11 16:28
line

石膏デッサン・静物デッサン・卓上デッサン・油彩・着彩・色彩・立体・彫刻・陶芸・ファッション・映像・建築・マンガなどなど、これっていいなぁ と思う作品、Dad金重が紹介します。


by dad_kaneshige
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite