Dad金重の今週のいち押し

dadk.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

そして人生は続く

いつもは四月に全員が履修する自画像だが

訳あってこの時期に描いた生徒の作品

課題の狙いは自画像を点描で描く、ことにある

点描というと瞬時にスーラの絵を思い出す人がおおいとおもうが

実際観るとやってみるとでは大違い

初めて試みる点描にはさぞや新鮮な驚きがあったに違いない

作者はすでに社会人

一念発起してこの一年を受験勉強かけることとなった

色彩表現のトレーニングの一環だが

いつもいつも自分だけの表現の連続では限界がある

たまにはこういった独特の表現方法

あるいは模写なんかに取り組んで

表現の幅と鮮度を身につけたい

ドットの大小

色の強弱にもう少し工夫が欲しいが

しかしながらこの自画像を見ていると

画面のうちから作者のこの一年にかける意気込みが

ヒシと伝わってくるようだ

Fさん

この一年思い残すことなく勉強しましょ

応援しますよ〜a0262334_17193586.jpg
[PR]
by dad_kaneshige | 2014-03-29 17:20

若さ

久々の石膏デッサン、パジャント像

作者は高校二年生である。

ご覧の通りまだ荒削りなデッサンではあるが

決して雑なデッサンではなく

まだ技術的に繊細な表現力がついていないだけ

しか逆にそれがこのデッサンの魅力になっているともいえる

まだ二年生、今はこれくらいがちょうどいい

石膏デッサンにしろ、静物デッサンや人物デッサン

作者がこれから力をつけていかねばならぬ課題は多いが

ともあれこのデッサンには若さが満ち溢れ

好感の持てるデッサンなのである

これからますます頑張ってください

a0262334_14195160.jpg

[PR]
by dad_kaneshige | 2014-03-21 14:11

労作

作者はアニメの背景画を描くプロになりたい、という夢を叶えるべく
去年の春からデッサンや着彩を学んできた
しかも職を投げ打って不退転の覚悟で学びにきた生徒さんである
デッサンにしろ着彩にしろ
そうそう簡単に技が身に付くものではなく
苦労も多かった
この作品は我が塾で学ぶ最後の作品となり
一年間でやっとここまで辿り着くことができた
もっとデッサン力がつけばこれ以上の着彩も描けると思うが
一応この一年の汗と涙の結晶が凝縮された労作ではある

作者はこの春から東京で実践的勉強につくのだが
ここで勉強したたくさんのことをを思い出しつつ
次のステップへと向かって欲しい

Yさん
為せば成る、ものです
これからも一層気合をいれて勉強し
必ず目的を達成してください
これからも応援しますよ〜
a0262334_1332985.jpg

[PR]
by Dad_kaneshige | 2014-03-20 13:03

おぼろげな記憶

あれはいつのことだったろうか
何処を歩いていた時のことだろうか
季節はいつ?
時間は何時ごろ?
道すがらふとこんな景色に遭遇した
a0262334_19423287.jpg

マンホールの隙間から名も知らぬ植物が顔を出している
雑草は逞しい
隙あらば何処からでも芽を出す顔を出す

この絵のテーマは「鉄と植物」
問われて出した答えがこれ
上手い答えの出し方だ
思わず唸ってしまった
こんな光景、皆さんも記憶にあるのではなかろうか

色も綺麗
まるで印象派の絵ではないか

作者はまだ高校一年生
独特の感性を持っている
望むべくはもう少し確かなデッサン力が欲しいのだが
それはこれから鍛えていけばいい
絵画表現の魅力を充分に楽しめる作品となった

Kさん、これからも面白い絵を描いて下さい
楽しみにしてるよ
[PR]
by dad_kaneshige | 2014-03-10 19:42

気分は新年度

三月八日
今年度最後のデッサンコンクールを実施した。
今年度の入試には直接刺激になるものではないのだが
一応最後のコンクールということで
基礎科生から本科生までが今年度の勉強の成果を試した
結果一番に選ばれたのは基礎科生Fさんの作品
先輩所氏を差し置いての晴れのトップに輝いた
目を引いたのが福袋の演出
これが効果的だった
色の鮮やかさ、質感の描写など
今後なお習得せねばならない問題点は多々あるものの
コツコツとひたむきに勉強を続ける作者のこと
これらの諸問題は伸び代であると信じている
作者の志望校は東京芸術大学彫刻科
前途は険しい道が待ち構えているが
自分を信じてこれからも頑張ってください
a0262334_14252283.jpg

[PR]
by dad_kaneshige | 2014-03-10 14:25

思えば遠くへきたもんだ

デッサンをあるレベルまで上達させるにはそれなりのキャリアが必要だ。
モヤシのように促成栽培するわけにはいかない。
ましてや大学受験のようにどんなモチーフが出題されるのか分からない状況であればなおのこと
色々なモチーフを描きこなさなければいけなくなる。
このデッサンの作者は既卒者であるが勉強を始めるタイミングがやや遅く、夏前からだっと記憶している。
長い間四苦八苦していたのだが、ここに来てやっと何かをつかんだようだ。
まるで雲間から現れた薄日のようなデッサン。
まだまだこれからの発展途上だが、ここまでくればしめたもの。
この先はもっといいデッサンが描けるようになる、と確信している。
このモチーフを三時間で描くのはなかなかに至難の技
「よくやった」
とひとまず褒めておこう。a0262334_15453174.jpg
[PR]
by dad_kaneshige | 2014-03-08 15:46

復活第一弾

復活第一弾はTさんの着彩
作者は高校三年生
キャリアは一年と少し
最初のうちはこの子
a0262334_1505637.jpg
続くかな〜と少し心配した彼女だったが
粘り強く勉強を続けてきた結果
こんな絵が描けるほどに成長した
まだまだ成長過渡期ではある
デッサンにしろ着彩にしろ
これから身につけていかねばならないことは山ほどあるが
やれば出来る、という自信につながってくれればと
この作品を復活第一弾に選んだ次第である
前途はなお険しい道が続くであろうが
今にも増して黙々と精進して欲しい
[PR]
by dad_kaneshige | 2014-03-06 15:03

復活

ITオンチで尚且つ不肖な私が

長い間不具合を修正もせず

ほったらかしにしていたdad kaneshigeの「今週の一押し」コーナーが

わが塾の若手講師T君のおかげでやっと復旧の目途が立ちました

これからはマメに秀作をアップしていきますので

宜しくお願い致します

このコーナーを楽しみにしていて下さった皆様に

深く深くお詫びいたします

そしてこれからも宜しくお付き合い下さい
[PR]
by dad_kaneshige | 2014-03-06 14:16
line

石膏デッサン・静物デッサン・卓上デッサン・油彩・着彩・色彩・立体・彫刻・陶芸・ファッション・映像・建築・マンガなどなど、これっていいなぁ と思う作品、Dad金重が紹介します。


by dad_kaneshige
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite